基礎補強による古民家再生

南房総市内の古民家の基礎に使用されていた砂岩(房州岩)が経年劣化していたため、

ジャッキアップにより家屋部分を支え、基礎をコンクリートで新たに施工しました。

各所解体工事

館山市・南房総市・鋸南町・富津市・鴨川市の各所にて、解体工事を行いました。

続きを読む

ページ冒頭へ戻る